かわい歴史ウォーク(2013.02.23)

私たちグループ6名が神鉄主催のハイキングに参加してきました。
小野市・小野観光協会共催で、小野私立好古館学芸員による歴史ガイド付きのウォーキングです。

昨年11月にもこのような催しがありました。
その事は、小野市を歩く会「きすみのの歴史にふれる」(2012.11.04)で紹介しています。
興味のある方は以下をクリックしてご覧下さい。
https://arukuno.seesaa.net/article/201211article_2.html
その時は参加費200円で説明資料を頂きましたが、今回は参加費無料で資料はありませんでした。

コースは、粟生駅~近津神社~岡城跡~大龍寺~若一神社~阿形城跡~粟生駅で、距離は約8キロです。
大龍寺~若一神社~阿形城跡は昨年11月にも訪れていて説明済みです。
詳しくは上記URLでご覧下さい。


私達はケンさん、トマトさん、モクさん、六子さん、アリマさんとアルクノですが、全体の参加者は150名程でしょうか。
前回の参加者は約200名と思ったが、実際はその半分だったそうです。
今回低く見積もって、150名位だと思います。


私達グループが9時15分頃に粟生駅に到着すると、何時もは閑散としている駅前が大混雑でした^^。
受付を済ませて、準備体操の後
画像
出発です(9:40)。
頂いた地図の通りに歩きますが、コース詳細の説明は割愛します。
画像

先頭グループは競歩の選手かと思うほど歩くのが早く、あっという間に引き離されてしまいます。
画像

JR加古川線の踏切を渡って、
画像
暫く行くと、左前方から北条鉄道のディーゼルカーが走ってきた。
画像
昨年12月に笠松山へ行く時に利用したが、鉄路を走るワンマンバスのようだと紹介しました。

スタートから20分ほどで、近津神社に到着。
画像
初詣のような混雑で、お参りできるような状況ではありませんが、
画像
境内には土俵もありました。
画像

説明を伺います。
説明する学芸員の方は前回と同じ人でした。
最初の説明はほぼ終わっており、最後尾の到着を待って、2回目の説明です。

上にある鳥居の写真ですが、大小ある内側の小さいほうがが県指定の重要文化財です。
柱の中央がやや太めのエンタシス形式だそうですが、この写真ではよく分かりませんね^^;
秀吉の時代に建立されたそうです。
昔の加古川は渡し舟が往来しその船着場が近くにありました。
また、神社を建てる際に大木が光っていて地下に通じていたのでは?という事で近津(ちかつ)になったと言われています。
秀吉との関係では、三木攻めの際に戦いの神として祀られました。
他には、清めた湯を参拝者にかける行事があるとの説明がありました。

ご祭神は瓊瓊杵 児屋根 天太玉と、九州の神々だそうです。
近津神社は全国に点在していますが、小野の近津神社で調べるとほんの僅かしか出てきませんでした。

これから向かう天満宮は岡城があった所で、標高80m程の高台にあります。
眼下に万願寺川が流れており、この地域南側の守りを固めていたお城だそうです。
今回「かわい歴史ウォーク」ですが、この万願寺川と加古川が出会う場所と言う事で、川が出会う→「かわい」となったとの説明でした。


舗装路の緩やかな坂を登って最後の階段上がると
画像
天満宮です。
画像

同行の仲間とはここで一気にはぐれてしまいました。
私は平地も登りも同じスピードで歩くので、速過ぎると良く言われます^^;
木立が茂っていて見晴らしは無く、万願寺川は望めませんでした。

下る途中、右にある階段を下って、小野アルプス方面へ向かいます。
画像
ここで、神鉄ハイクでよくお会いする大阪の池田市から来られている方に出会いました(スタッフと話している方です)。
往復の電車賃は相当の金額になると思いますが、神鉄にとっては有難いお客様ですね。

この先で万願寺川に架かる西脇橋を渡ります。
画像
小野市の隣は西脇市ですが、小野にとっては西の脇にあると言う事で西脇になったそうです。
小野は交通の要衝で、過去は栄えていました。
現在でもそろばん作りの全国シェアは70%で、ハサミや包丁などの家庭用刃物では伝統的特産品として有名です。
人口は約5万人ですが、山田錦を中心とした米作りもあり、その米で作られたお酒はとても美味しいです^^)

話が逸れました。
橋を渡り、右に行って土手を下ると、大龍寺への石柱が立っています。
画像
大龍寺の説明はこちらをクリックしてご覧下さい。
画像

前回説明した以外のことを書きます。

このあたりには石棺仏が沢山あります。
かわい地区は石の産地でその石を使った古墳が沢山ありました。
不謹慎なことですが、その石を使って石仏を作ったということです。
古墳を個人で掘り起こす等、現在では御法度ですが、当時はそれが普通に行われていたそうです。
これが古墳の石で彫られた六地蔵です。
画像
人が死ぬと地獄から極楽まで六つの世界の何れかへ行くそうですが、その何処に行ってもこの六地蔵が守ってくれると言う意味が込められています。
単に人々の願望では?と思いましたが^^)

上がると日切大師堂があります。
画像
週ごと、或いは月ごとに日を決めてお参りすると、諸病が平癒するご利益があるとされる有難いお堂です。


次に訪れたのは、若一神社です。
画像

画像

昨年11月には私たち参加者の為獅子舞の一部でしたが、保存に務める地元の有志による舞のパフォーマンスがありました。
毎年10月の第2週にお披露目されるそうです。


最後に阿形城跡です。
画像
この坂を上がると城跡ですが、現在はその面影は無く、畑になっています。
画像

画像

ジグザクに進んで下るとその説明があります。
画像

下って、線路を潜って、左へ行くと粟生駅は直ぐです。
画像

満願寺川に架かる阿形橋を渡って、
画像
進むと,その先で粟生駅です。
画像


昼食場所は、駅前にある「あわの里」にしました。
画像
先頭グループの方が食事を終えるところで、私たち6名の席が確保されました(ほぼ12時)。
画像
私は唐揚げ定食。
画像
700円でこのボリューム!
ビールが無いお店で、それが残念でしたが・・^^:
メニューの内容はこの写真で確認して下さい。
画像


ゆっくりして、13時10分の電車で帰路に着きました。
昼間は1時間に1本しか運行されていないのでご注意下さい。


神戸電鉄・粟生線は利用者が減少して、廃線の岐路に立たされています。
終点の粟生はこのような歴史ある町で、見所も沢山あります。
どうぞご利用下さい


最後までご覧頂いてありがとう御座いました

この記事へのコメント

  • 凡稔

    街から田園風景まで広範囲を歩かれましたね。
    皆さん「歩け歩け」をやっていらっしゃる方々で
    元気そうですね。
    2013年02月25日 08:47
  • アルクノ

    凡稔さん、コメントありがとうございます。
    粟生線を盛り上げようとして、このようなウォーキングが実施されています。
    大勢の人が歩くことで、町が元気になるといいのですが。
    田園風景が広がる、歴史ある処を歩くのはいいですよ。
    2013年02月25日 09:06
  • トトパパ

    こんにちは。

    ウォーキング、いいですね~。
    たくさん参加されてるんですね。
    私はこういったことに参加したkとないのですが。。。

    北条鉄道、いいですね~。
    ローカル線、好きです。

    唐揚げ定食、美味そうです~。
    2013年02月25日 09:45
  • アルクノ

    トトパパさん、沢山の気持玉とコメントをありがとうございます。
    歴史の勉強を兼ねたウォーキングイベントになると、このように大勢の方が参加されます。
    ネットで調べて見ると、各地域で実施されているようですよ。

    北条鉄道も1時間に1本ですが、駅の待合所には文庫本や漫画本があったりして、とてもローカルな鉄道です。

    唐揚げ定食は満足のいくものでしたが、ビールが無いのが残念でした
    2013年02月25日 10:22
  • yaar

    いつも有難うございます。
    アルクノさん、完全復活ですね!
    本当に良かったです。
    いつも詳しく解り易い説明をして下さっているので、私も一緒にウォーキングしている様な気持ちになります。
    私も早く元気になり、アルクノさんの歩いた道を歩きたいと思います。
    いつも有難うございます。
    2013年02月25日 22:02
  • アルクノ

    yaarさん、沢山の気持ち玉とコメントをありがとうございます。
    ハイ、復活しました
    あまり無理をしなければ、どこへでも行けると思います

    何時も、解りやすくを心がけているので、そう言って頂くととても嬉しいです。
    私の足跡が残っているうちに、早く元気になられて、歩いてくださいね
    2013年02月25日 22:34
  • てくてく

    元気に歩かれているご様子で、安心しました。

    小野市も色々な神社・旧跡があるんですね。
    大変、参考になります。機会があれば、出かけてみます。
    紹介有難うございました。
    無いのが、さびしい~
                           てくてく
    2013年02月25日 23:08
  • アルクノ

    てくてくさま、気持ち玉もありがとうございます。
    もう、すっかり元気になりました。
    小野市がこのような歴史ある町だとは私も知りませんでしたが、道を逸れるともっと色々あるみたいです。
    てくてくさまの、更に詳しいレポートを楽しみにしています

    店でが無いのが残念でしたが、終了が早かったので、帰宅後を頂きました
    2013年02月25日 23:30
  • yoppy702

    前回も、スゴイ人数と思いましたが、今回も、スゴイ人数。
    神鉄主催のハイキングって人気あるんですね。
    時々、神鉄に乗せて頂いている時に、駅のポスターをマジマジと見ていて、もっと近ければ、行きたいと思いますもの。

    近津神社での混雑ぶり。150名がお参りすると、まさに、初詣状態ですね。
    土俵は、神事に使われたと聞いた事がありますが、現在でも使われているんですか?

    「川が出会う」が「かわい」になった。地名ってなにがしかの、エピソードがあるので、伺っていると、とても興味が湧きますね。ホント、上手いこと付けはる。

    天満宮の後の道のりは、爽やかハイキングですね。
    お山もイイけど、気候が良くなってくると、こういう歩きは、気持がイイです。
    8kmだと、アルクノさんには、お散歩程度のようですが、これ位の距離って疲れないので、結構楽しいです。
    午前中に歩き終わって、昼食…このお店、「毎週、土曜日営業しております」って書いてますけど、土曜日だけの営業なんですか?それとも、平日+土曜日という事なんでしょうか?
    ビールが無いのは、とても残念。唐揚定食だと、ビールが欲しいところですね。(^^)
    2013年02月26日 01:17
  • アルクノ

    yoppyさん、気持ち玉もありがとうございます。
    普通のハイキングでは数十人ですが、歴史に関する説明があるので参加者が多くなります。
    私は2年ほど続けましたが、毎年、毎年、年間の枠組みでほぼ同じ場所を歩きます。
    で、もう行かなくなりました。
    このように特別な場合のみ、仲間を誘って参加しています。

    神社にお参りするのは一部の方ですが、順番を待っていると最後尾になってしまいます。
    相撲を奉納するというのがあるので、神事に使われるのでしょうね。
    隣の三木市では、こどもの日に城跡にある土俵でこども相撲大会が開催され、拝見したことがあります。

    地名の謂われなどを教えられると、覚えやすいということとその土地に愛着も湧いてきます。

    学芸員による説明は近津神社と大龍寺だけでしたが、そこまでは日が差して暖かく、爽やかウォーキングでした。
    最後の方で雲が広がり寒くなりましたが、午前中の8キロなので足ならしですね。

    「あわの里」のことで、
    粟生駅は平日に訪れる人がほとんどいないので、土曜日のみの営業になっているのだと思います。
    店員の方は地元のボランティアですが、この日は大混雑のテンヤワンヤでした。
    メニューは、看板と同じものが店内にもあり、ただそれだけでした^^:
    生ビールは無理としても、瓶ビール数本は置いて欲しいです。


    前作の竹細工で、
    ご希望だった日本酒の試飲をしていますが、もうご覧になりましたか^^)
    2013年02月26日 08:37
  • 風子

    ご訪問が遅くなりました
    歴史ウォークはいいですね
    小野はこういったウォーキングが活発に行われているようですね
    お天気もまずまずのようだし、大勢の参加の方もあったみたいで、盛況のウォーキング大会だったようです
    お身体のほうも良くなられたようで、これから春に向けて、またアルクノさんの季節がやってきますね
    私もまた負担の少ない5~6キロ程度の催しから、と思ってはいます
    2013年02月26日 10:21
  • KURI

    どこに「かわいい」要素があるのだろうかと読み進めてしまいました。(^_^;)
     150名の参加とはこれまた大所帯ですね。マラソンのように先頭と最後尾ではゴールの時間がかなり違うのでしょうね。今回も実際に歩いたような気持ちになり楽しむことが出来ました。
    最後の唐揚げ定食も食べたような気がしてきました。(^_^)
    驚きなのはビールがない! 奥のコップの中身は日本酒か焼酎でしょうか?(^_^)
    2013年02月26日 16:40
  • アルクノ

    風子さん、雪見旅行をされていたそうですね。
    お帰りなさい
    小野市は粟生線活性化の為、このようなウォーキングをよく実施しています。
    先頭グループは信じられないスピードで歩きますが、普通スピードの方も大勢いるので大丈夫です
    人数が増えると、色んな方がいるので助かります。
    記事には書き忘れましたが、若一神社の前には歩けなくなった人の為に神鉄のバスも用意されていて、万全の構えでした。

    今日も仲間と岩登りです。
    後ほどアップしますが、これからはアルクノに最適な季節です

    是非、風子さんもこのようなウォーキングに参加して下さい
    2013年02月26日 16:54
  • アルクノ

    KURIさんも「かわい・・」に気持ちがいきましたか。
    私も「かわいい」女性がガイドなのかと期待しましたが、残念な結果になりました

    確かに、先頭と最後尾ではかなり距離が離れ、ゴールで食事時間ほどの差が発生しました。
    なので、先頭グループの食事が終わる頃に到着し、私達が「あわの里」での座席が確保できた、という事になりました

    その「あわの里」でビールが無いのには驚きましたが、帰宅後のお酒が美味しかったです
    奥のコップの中身は、レモ風味のお水です
    2013年02月26日 17:12
  • 清兵衛

    秀吉が出てくるハイクはいいなぁ~
    山田錦は酒造に適したコメだってこと
    会津旅で勉強しました。
    兵庫だと白鶴ですね!
    ハイクの後のご飯の美味しそうだ事
    2013年03月03日 18:40
  • アルクノ

    清兵衛さん、気持ち玉とコメントをありがとうございます。
    このような歴史ウォークが好きで、何をおいても参加するようにしています。
    山田錦は全国的に有名なのでしょうか。
    神戸の山里でも作られているので、嬉しく思います。
    毎回このような食事にはアルコール類が付くのですが、今回は残念なことになりました
    土曜日だけが営業日の「あわの里」の定食ですが、美味しかったです
    2013年03月03日 20:13

この記事へのトラックバック