神戸森林植物園から忘年会会場へ(2011.12.22)

私たち山友の忘年会は飲み食いだけでは面白く無いので、神戸の北区から中央区へ軽く10キロ程歩いて、昼過ぎに忘年会会場へ向かう案にしました。
神戸森林植物園から県庁前へ(2011.11.24)の場合とは、少しコースを変えて。
11月は紅葉を求めての歩きでしたが、今回はアルコールや食が進むように歩く訳です。
メインは忘年会なので、歩きは前座になりますが、その冬支度のハイキングコースが意外に良かったので紹介します。

コースは神鉄・北鈴蘭台駅=無料送迎バス(9:05)=神戸森林植物園(9:15)~再度公園・修法ヶ原池~大龍寺~善助茶屋跡~猩々池~ヴィーナステラス~金星台(アイゼン取り付け講習会)~トアロード~三宮高架下市場(忘年会13:00~15:00)~好日山荘~三宮駅。
標高約450mの神戸市北区の山中にある広大な森林植物園(142.6ha)から市内ど真ん中へ向かって下りながら歩くという、神戸ならではのハイキングコースです。
参加はモクさん、ミドリさん、アリマさん、ノンさん、ケンさんとアルクノ。

北鈴蘭台駅改札口、9時に全員が集合して、バス乗り場へ向かいます。
私達6名と更に2名を乗せた無料送迎バスが定刻に発車して、10分後には森林植物園に到着。
私だけトリコロールカード(年間パス)で、他の5名は兵庫県在住65歳以上の証明書を提示して入園します。

園内に入ると、クリスマスプレゼントを用意したサンタさんとトナカイ君が出発の準備をしていました。
画像
(以下の写真もクリックすると大きくなります。)
松ぼっくりで出来たリースもオシャレでしたが、
画像
時計までクリスマスバージョンでした。
画像

この時期、園内に花など見るべきものはありませんが、外の冷たい舗装路を歩くより遥かにマシで、癒される道です。

シラカバは本来シラカンバと言うそうですね。
画像
冬の季節に相応しい樹皮の色なので、この時期の樹木代表選手として紹介します。
本州では中部以北の高原に生育し、上高地(1500m)が生育上限のようです。
柱材、家具材、民芸品にも良く利用され、薪材としても火持ちがGoodで生乾きでも良く燃えるそうです。
森林植物園ですので何か一つでも勉強しないと、と思いました。

紅葉も黄葉もすっかり落ちてしまった西門から出て、学習の森へ向かいます。
その学習の森も落ち葉だらけ。
画像

洞河湖(どがわこ)の脇を歩いて再度公園へ向かいます。
画像

修法ヶ原池に到着したのは10:20頃。
ここで小休止。
ケンさん持参のポットのお湯で作ったホットコーヒーで暖まります。

池の水は、あと1ヶ月もすると氷で覆われることになるでしょう。
画像

山友でしょうか、二羽の鴨がのんびりと泳いでいました。
画像

現在は閉店している湖畔の「池の店」から置石を渡ってドライブウェーに出ると、大龍寺への道があります。
画像
やや登って、5分下ると大龍寺。
お正月の準備でしょうか、紅白の太い綱になっていました。
持って鐘を鳴らすのはアリマさんですが、
画像
ミドリさんも続きます。
画像


手前の「子育て観音」様には、ありがとうございましたとお礼を述べ、
画像
奥の「ぼけ封じ観音」様にはこれから宜しく、とお願いします^^)
本堂にお参りするのはノンさんと鈴を鳴らすモクさん。
画像

もう直ぐ辰年ですね。
画像
来年、恵方に向かって巻き寿司を丸かじりするのも楽しみの一つです。(2012年は北北西だそうです。)

お参りも終わり、参道の階段を下ります。
画像

下の駐車場から善助茶屋跡へ向かいますが、「KWSシーダーカテジ跡」と書かれた説明があります。
画像
神戸徒歩会とありますが、KWSは神戸ウォーキングサークルの略でしょうか、日本で最初の登山会だそうです。
その直ぐ上には、
画像
「毎日登山発祥の地」と彫られた石碑があります(11:02)。
画像
この横の休憩所にあるボックスの中に日誌があるが、自由にご覧になって、是非何か書き込んで下さい。

ここから直進すると、二本松を経て新神戸駅まで約3kmです。
私達は右に折れて、大師道を下ります。

弘法大師(空海)はここを登って修行したのでしょうか。
唐へ渡る時この地に来てに安全を祈願し、先程の再度(ふたたび)公園で汗を流したと伝えられています。
公園脇にある再度山も、空海が入唐して2年後無事に帰国できたことを伝えるため、御礼参りに来たのが由来とされています。
真言密教をもたらし、真言宗の開祖となった空海です、
修法ヶ原は、法を修めて帰国した意味を込めて名付けられたが、地元の方は「しおがはら」と呼びます。
更にその池は空海の汗が溜まってできたものと信じられています。
だから「しおがはらのいけ」なのです。
伝説は各地にあり、真実なのかどうか良く分かりません。


下る時にまだ紅葉が残っていたのには驚きました。
画像

画像

最後の旧坂下りの先で、
画像
舗装路と合流するが、直ぐ猩々池です。

猩々池から二本松林道へは向かわず、階段を下って大師道をなぞります。
整備された道を下るにつれて、町の香りがしてきます。
画像

画像

画像

川原へ下った後、
画像
再度谷(大師道)と別れ、「再度ドライブウェー」と道標のあるところを上がります。
再度谷を上から眺めながら歩くことになるが、そこにも紅葉が残っていました。
画像

画像

最後に階段を登ると、ドライブウェーに出会います。
画像
そこに、ここまで歩いてきた地図があります。
画像
洞河湖の北から、再度公園~大龍寺~猩々池~再度谷とそんなにアップダウンも無く、ゆるやかに南下する道でした。
実はこの道、神戸の中央区と北区を結ぶ一番歩きやすい道なのです。
大師道とありますが、あまりにもなだらかな道です。
お大師様も修行するには物足りなかったのでは無いでしょうか。

ここから諏訪山展望所へ11月に登りましたがが、私達はなだらかな道を好んでいるのでそのまま進みます。
山を巻くようにして水平道を行くとドライブウェーに出会い、渡るとヴィーナステラスへの階段があります。
画像

上がると11月にも紹介した愛の鍵モニュメントがあるが、お知らせが貼られていました。
画像
この沢山の鍵は年末に外すものと思っていたが、1月上旬に全て取り払われるそうです。
ですから、初詣の時に愛を誓ったカップル達が鍵を取り付けたりすると、昨年の物として取り扱われるのでご注意下さい。

トイレを利用し、霞んだ街中へ降りて行きます。
画像

金星台へ下る時に、2011年トドメの紅葉がありました。
画像

その金星台のベンチに腰掛けていただいて、簡易アイゼン装着講習会です。
女性4名にアイゼンを持参してもらった理由は、来年六甲の雪山に挑戦して頂く為の確認です。

全てタイプが違う物で、私も勉強になりました。
モクさんとミドリさんは止めがゴムバンドですが、4つ爪と6つ爪。
アリマさんのは4つ爪ですが、踵をワイヤーで引っ掛け、前は紐を通して引っ張るワンタッチのクリップ止めで、一番簡単だと思いました!
モクさんのはアイゼンというより、スニーカーをスパイクシューズに仕立てるような代物で、爪が浅く、紐だけで縛って固定させるようでした。
これだけが不合格で、ノンさんのアイゼンを購入しないといけません。
忘年会のあと好日山荘へ向かうことになった理由です。

そこから下って東のブラジル移民発祥の地へ向かいます。
画像
ケンさんのお話では、ここで移民条件に合う人が講習を受け、神戸港からブラジルに向かったそうです。
夢のような説明を聞かされたが、当地では苦難の生活を送ったという話を聞いたことがあります。
勿論、大成功を収めた方も居たのでしょう。
神戸祭りでもブラジルの方にはサンバでお世話になっていますが、神戸からの移民がご縁になりリオデジャネイロ市とは姉妹都市になりました。
神戸祭りに毎年登場する「神戸サンバチーム」は日本最大のサンバチームですしね。

その先のトアロードを下ると、1998年にオープンしたケーキ作りやアクセサリーの制作が体験できる「北野工房のまち」があります。
画像
北野小学校を改造したものですが、工房というより神戸らしい土産物屋として賑わっています。

真っ直ぐ南下して、JRの高架を潜って東へ。
長野屋→とある階段を上って更に東、高架下を三宮へ向かうと目指す忘年会会場がある(12:57)。
画像
予約もしていませんが、開店は午後1時からで、丁度いい頃合でした^^)
何時もは山中で食事の後、下って打ち上げに立ち寄るので、開店前にやって来たのは初めての事でした。
ここが初体験なのはモクさんだけで、皆さん複数回の経験があります。
私が最多の5回目!
店内に流れる懐かしい昭和歌謡を聴きながら、まずはトリビーで乾杯
画像
私のオススメは「やみつきキャベツ」!と「大根サラダ」!に「ピリ辛スルメ」!
おでんに枝豆、にんにく丸焼きと肉団子も。
アジのフライも美味しかった~。

全ては覚えていませんが各自色々頼んで、締めはにぎり寿司の盛り合せ。
各自適量飲んで、満腹になるまで食べて、お代は(割で)たったの2700円でした!
でも、今までの最高額です。

2時間程でお開きになり、ケンとは別れ、4名が中央区役所の南にある好日山荘に向かいます。
画像

初心者向けアイゼンは、アリマさん持参のタイプが最良なのでノンさんがそれを購入しました。
そのアイゼンの写真を撮り忘れましたが、1月に雪山歩きができた時にでも紹介したいと思います。


山友の皆さん、今年1年、お疲れ様でした。
来年も楽しく山歩きを続けましょう。


また、最後までダラダラとした長文をお読み頂き、ありがとうございました。
昨年5月17日より始めたこのブログですが、総合アクセス数は4万3千件を超えました。
多くの方にお立ち寄り頂いて大変感謝しています。
気持ち玉やコメントを頂いた方には重ねて御礼を申し上げます。

来年も宜しくお願いします。
では皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい

この記事へのコメント

  • てくてく

    森林植物園も、色々趣向を凝らしていますね。
    街もクリスマスムードいっぱい^ ^
    いい忘年会されましたね。^_^
    今年一年、山や野の歩きや、パトロールお疲れ様でした。
    お健やかに、よいお年をお迎えください。
    最後に、一言。
    まだ、ぼけ封じ観音さまは、早いですよ^o^ ^o^
                       てくてく
    2011年12月24日 11:16
  • アルクノ

    てくてくさま、気持ち玉もありがとうございます。
    今まで沢山のコメントもありがとうございました。
    来年も宜しくお願いします。

    このような忘年会もいいのではと思いました。
    終わり良ければ全て良し、という感じです。
    ぼけ封じ観音さまは、ちと早いと思いましたが光陰矢の如しとも申しますので
    てくてく様も良いお年を。
    2011年12月24日 13:23
  • 風子

    森林植物園にクリスマスの演出がしてあることは、ネットで知っていたのですが、こんな時期に行ったことがないので実際に観たことはありません
    冬枯れの植物園もこういった演出でぐっと引き立ちますね・・また機会があれば訪れてみたいです
    お仲間の皆さんと楽しい忘年会だったようで、何よりでした・・また来年も元気で楽しい走行のできる1年となりますように
    今年もお付き合い頂きありがとうございました
    2011年12月24日 15:02
  • M

    こんにちは。歩き納めご苦労様でした。忘年会も楽しいものとなったのでしょうね。来年も頑張って歩き続けてください(笑)私も・・頑張って走り続けます。よいお年をお迎えください。
    2011年12月24日 16:11
  • アルクノ

    風子さん、気持ち玉もありがとうございます。
    そうですか、ネットで宣伝していたのですか。
    若いカップルでもいるのかと期待して行きましたが、私達と親子連れだけでした
    来年雪に覆われた植物園になれば、又紹介したいと思います。
    この忘年会会場は、主婦の方にもモテモテなのです。
    簡単に作れて酒のアテになるヒントがあるからです

    今年一番コメントを多く頂いたのは風子さんだと思います。
    ありがとうございました。
    毎年サンタ娘さんを描く風子さんでいてくださいね。
    来年も宜しくお願いします。
    2011年12月24日 16:30
  • アルクノ

    Mさん、気持ち玉もありがとうございます。
    来年は奥様に優しいMさんを見習わないといけませんね。
    歩く方は私に任せて下さい。
    走る方はMさんに一任しますので
    来年も宜しくお願いします。
    2011年12月24日 16:36
  • マリリン

    アルクノさま こんばんは
    森林植物園のクリスマスバージョンには、感心しました。
    こんな素敵なところが近くにあって、いいですねー
    楽しそうなハイキングと忘年会!!
    いいですねー
    私も近くに住んでいたら、参加したい気分です
    「子育て観音」様にも、お参りしたいし・・・
    来年は、是非案内してくださいね
    2011年12月24日 22:13
  • アルクノ

    マリリンさん、今年最後の記事にコメントをありがとう。
    来年は一緒に歩きましょう。
    過去ログで気に入った所があれば何処でも案内したいと思います(できたら神戸で^^;)。
    1月~2月は六甲で雪山歩きも出来ます!
    是非!是非!
    2011年12月24日 22:30
  • yoppy702

    素晴らしい忘年会ですね。(^^)
    単に集まっての飲み会より、
    やっぱり歩き仲間の忘年会、
    企画に拍手です。

    メインも盛り上がられたようですが、
    なかなか、この前座さんも素敵です。
    森林植物園のトナカイさん、
    なんか、今にも動き出しそうな
    リアルな雰囲気がありますね。

    ボクも、だいぶん以前に買ったのしかなくて、アイゼンを買いに行こうと思ってたんです。初心者なので、アリマさんのタイプを好日山荘に見に行ってきます。

    こちらこそ、色々と勉強させて頂いてありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。
    2011年12月26日 21:02
  • アルクノ

    yoppyさん、気持ち玉と心のこもったコメントをありがとうございます。
    この企画、歩いた後でないとアルコールが進まないと言う過去の実績もあったもので^^:

    このトナカイさんには、参加者一同素晴らしいと感嘆の声でした!

    簡易アイゼンのことで。
    アリマさんタイプ(勝手に命名)は装着も簡単ですが、絶対長持ちすると思います。
    ゴムベルトタイプだと劣化して切れる場合があるのです。

    yoppyさんとは、今年ほんとに交流が深まり、そして楽しませていただきました。
    此方こそ、来年も宜しくお願いします
    2011年12月26日 22:03
  • かっぱちゃん

    素敵な植物園ですね♪
    クリスマスのトナカイさんも、自然の木をうまく利用して生き生きとしたトナカイさんで、すばらしいです。
    白樺は、ホントはシラカンバっていうこと初めて知りました。白樺がある風景はヨーロッパのようで素敵です。
    今年は、アルクノさんの素敵な風景の写真や、手作りの作品で楽しませていただき和ませていただきました。ありがとうございました。
    来年もどうぞよろしくお願いします(*^^*)
    2011年12月29日 21:21
  • アルクノ

    かっぱちゃん、気持ち玉もありがとうございます。
    私もかっぱちゃんの可愛い作品や癒される作品に沢山触れることができました。
    来年も楽しみにしています。
    こちらこそ、これからも宜しくお願いします
    2011年12月29日 23:05
  • やまや

    今年も最後まで楽しい山行を読ませていただきました。来年はたくさんのお仲間とのアイゼン山行になりそうですね♪パトロールのお仕事もお疲れ様でした。
    来年もよろしくお願い致します(^^)。
    2011年12月30日 03:16
  • アルクノ

    やまやさんからは今年沢山のコメントを頂きました。
    ほんとにありがとうございました。
    私も本年はいろんな事にチャレンジしてきたように思います。
    来年は年初から年配の女性とアイゼン山歩きになりそうですが、どうなりますか。
    来年もどうぞ宜しくお願いします
    2011年12月30日 07:55
  • momi992

    本年もあとわずか
    お世話になりありがとうございました。
    来年もよろしくお願いいたします。
    2011年12月31日 23:47
  • アルクノ

    momiさん、もう年がかわりました。
    あけまして、おめでとうございます。
    昨年は素敵な写真で感動を沢山貰いました。
    今年も素晴らしい風景を見せてください。
    こちらこそ、本年も宜しくお願いします。
    2012年01月01日 00:20

この記事へのトラックバック