石井ダムから日本三大仏の兵庫大仏へ(2011.09.15)

コースは、神鉄・鈴蘭台駅~石井ダム~地蔵前広場~ひよどり道~烏原(からすわら)貯水池~東山商店街~新開地商店街~兵庫大仏~神鉄・湊川駅で、距離は約12km。
参加はモクさん、ミドリさん、アリマさんとアルクノ。
9月中旬というのに真夏のような灼熱地獄!
それをものともせずパワフルシニア4人組が歩いてきました。
(終盤ヘロヘロ状態者、発生!)
見所は石井ダムの雄大な姿を眺め、B面神戸と言われる新開地商店街を下って、日本三大仏とされる兵庫大仏様のご尊顔を拝すること。

B面神戸については過去ログ「ひよどり道からB面神戸へ」で紹介していますので、興味のある方は御覧下さい。
その1と、
https://arukuno.seesaa.net/article/201008article_1.html
その2があります。
https://arukuno.seesaa.net/article/201008article_2.html

鈴蘭台駅に集合して、神鉄の線路沿いに南へ下る(9:12)。
神鉄の車両整備工場裏を通り、ダム管理道路へ向かいます(9:28)。
画像
(以下の写真はクリックして頂くと大きくなります。)
ダムが近づいてくると眼前に大きな岩が見えてきます。
画像

これは妙号岩(みょうごういわ)で、その岩には150年前に小部極楽寺の和尚が旅人の安全を願って彫ったという、その文字が今も残っています。
画像
「南無阿弥陀仏」と。
画像
先日もここをクライマーが挑戦していましたが、この文字を足がかりにして登るルートを「バチアタリルート」と呼ぶそうです。
その時はお陀仏様にならないようにと祈るばかりでした。

直ぐ、目の前に石井ダムが見えてくるが、常時放流しっぱなしで、水位は何時も下がりっぱなし。
画像
100年に一度の大洪水に備え、石井ダムが建設されました。
湖底脇に見える道路は遊歩道で、管理道路から分岐して下ってここに上がって来れるが、急な増水時には注意しないといけません。
しかし、放水量を上回る雨はめったに無いことですので・・。

ダム管理ビルの向こうにトイレがあるので小休止(9:50)。
画像

ダムのテッペンから、菊水山山頂にある電波塔が望めます。
画像
しかしここから菊水山に登ることは出来ず、ダム下から延々と続く階段に汗を滴らせて登らないといけません。
その900mのコースは「六甲全山縦走路」の中では最大の難所で、心臓破りの登山道となっています。
今日は真夏のようなお天気。
今回はそんな坂を登る訳は無く、310段の階段を下るだけです。
画像
でも、二十階立てビル相当の屋上から、階段で一気に下るという按配です。

石井ダムの概要については此方をクリックして御覧下さい。
画像

下る途中で撮影した、ダムの横顔です。
画像

もう直ぐ下り終えます。
画像
光っているので分かると思いますが、この太陽電池パネルがダム管理の為の電力を補っています。
下り終えて見上げると.、高さ66.2m、
画像
石井ダムの雄姿!


更に下ると、川縁で幼稚園児たちが水遊びでもするのか、20名ほどが何やら準備中でした。
画像

私達は、地蔵前広場脇で、
画像
お食事中の猫ちゃん2匹に挨拶し、その横から、
画像
ひよどり道に入ります(10:29)。
画像

階段上がった先にある堰堤横からまた階段があり、九十九折の坂を登ると、分岐に道標が立っている。
画像
ここは左で、ひよどり道のテッペンに向かう。
最後に階段を登ると、
画像
あまり眺望は良くないがひよどり道の天辺です(10:55)。
画像
ひよどり展望公園に向かった後、亀の甲広場へ下ることもできるが、小休止の後ここから下ります。
木立の間から望める菊水山山頂をチラ見してから。
画像

下ると痛んだ石仏や地蔵さんがあります。
画像

かなりの急坂階段下りですが、その脇には沢山の石仏が並んでいます。
画像

画像

下ると、下に見える福寿院から上がってくる道と合流するが、
画像
その先に第八十一番と書いてある所があります。
画像
やはり四国八十八箇所巡りを模したもののようです。
古くはないようですが、荒れ果てた石仏の前を通り過ぎて、
画像
アップダウンを繰り返し、亀の甲広場へ向かいます。

やや下ると兵庫区の町並みが見えてくる。
画像
紅白に塗られたNTT電波塔の向こうには兵庫港も確認できます。

烏原貯水池は直ぐです。
画像
写真左端の上に電波塔が立つのは菊水山。
貯水池まで下ってトイレを拝借するが、休憩予定場所の亀の甲広場はお昼で大混雑でした(11:36)。
画像

貯水池を堰き止めている立ヶ畑ダムの日陰で小休止です。
画像

貯水池から流れ落ちる石井川沿いに下ると天王谷川と合流して新湊川になるが、そこで川と別れ、東山商店街~新開地商店街と緩やかに下って行きます。

上記B面神戸でも紹介している「日本蕎麦でそば焼きを作る」ことで有名な新開地商店街の南端にあるトシヤですが木曜日は定休日!
画像
うっかりしていました(12:46)。
仕方なく、と言っては失礼ですが、向かいにある「菜な草亭」へ。
カウンター席の奥にボックス席があって、落ち着ける雰囲気はGood!
画像
全員日替わり定食と生中でカンパイ!
お味も全員満足のようでして、私も美味しく頂きました!
アリマさんの食事がゆっくりなので、その間に先日アップした山用の護身用ナイフ2本を披露します。
しげしげと眺められたナイフが恥ずかしげでしたが、お褒めの言葉も頂戴しました。

そこを出ると商店街の南端に立つビッグマンゲート!(13:45)
画像
丁度ウォーキングの団体さんが到着したところで、説明している方のお話を私達も伺いました。
このビッグマンはハンフリー・ボガードでもハリソン・フォードでもなく、
チャーリー・チャップリンだそうです。
淀川長治さんが新開地を愛しチャップリンの映画を好んでいたという事で、ここにモニュメントとして建てました。
毎年5月に開催される新開地音楽祭では、このビッグマンの下でビッグバンドの演奏があります。

直ぐ南にある国道2号線に出て、右方向の西へ向かいます。
暫らく行くと西出鎮守稲荷神社があり、そこに高田屋嘉兵衛が献上したと言う石灯籠があります。
画像
直ぐ南に兵庫港や和田岬もあるので、海上の安全を願って献上したのでしょう。
画像
2段階に拡大させて御覧下さい。

その先で大きな交差点に出合うが、七宮(しちのみや)神社のほうへ信号をL字に二度渡り、
画像
阪神高速沿いに右(西)へ向かう。
ちなみに神戸市内には一宮から七宮まであり、七福神巡りとは別にマイナーながら人気のある七社巡りコースがあります。

角にオートバイ屋さんがある前へ信号渡り、左(南)へ下がると直ぐ、能福寺が見えてきます。
大きく表示されているので分かると思います(14:10)。
画像

昨年5月25日、「兵庫七福神巡り」の中でも紹介してますが、ここに毘沙門天も祀られています。
階段下から撮影し、
画像
台座の前へ行き、
画像
ご尊顔のズームアップ。
画像

一願成就の大仏様とも言われ、怨念と欲心を捨て一心にご真言を唱えれば願い事は叶うと言われています。
ご真言:おん・あらびらうんけん・そわか(七返)
過去ログ、兵庫七福神巡りからの引用。

旧大仏様は敗戦濃厚となった昭和19年5月、鉄砲や大砲の弾となるべく軍によって没収されました。
それこそ正に、旧日本国軍によるバチアタリ行為と言えるのではないでしょうか。
画像
説明には、平成3年、47年ぶりに再建された真の「民衆立」の信仰大仏である。
と結んでいます。

現在のお住まいは三木市ですが、嘗てこの近くに住んでいたモクさんはそのことを知らず、初のご対面となりました。

帰路は、国道まで戻って直進して信号を渡り、好きやねんおふろの「東湯」角を北上する。
画像

JRの高架を潜り、アルクノの母校である兵庫中学校の角を右(東)へ進むと新開地駅(14:36)。
画像
地下道を通って商店街に上がり、北上すれば5分で神鉄・湊川駅です。


大仏様の直ぐ近くには清盛塚もあり、能福寺は国唯一の清盛公の墓所とされています。
来年の大河ドラマに関連してこの辺りが紹介され、活況を呈することだと思います。
まだご対面していない神戸市民及び近郊の方は訪れてみられてはいかがでしょうか。

この記事へのコメント

  • てくてく

    アルクノさま
    極暑の残暑???の中、熱射病にならなかったですか?
    生中、うまかったでしょうね~o^
    兵庫大仏、初めて見ました。大きいですね。
    お疲れ様でした。
                     てくてく
    2011年09月16日 16:13
  • アルクノ

    てくてくさま、気持ち玉二つもありがとうございます。
    暑かったですが、本日より暫らくは雨模様ですね。
    行っておいて良かったと思っています。
    コメントに生中が3杯並んでいますが、今回は1杯だけでした
    この兵庫大仏、台座からの高さは11mで総重量は60トンだそうです。
    2011年09月16日 16:46
  • 風子

    暑い中の走行お疲れ様でした
    皆さん本当にタフですね
    日ごろ鍛えられてもいるからでしょうが
    兵庫大仏、だいぶ前に他の方のブログでお目にかかったのですが・・けっこう大きくて迫力ありますね
    高田屋嘉平さんを淡路島の出身の方だっそうですが、彼を描いたドラマも観ましたし、北前船で財をなし、函館に尽力を尽くし当時函館にできた商家町などが舞台の小説なども読みました
    2011年09月17日 12:10
  • アルクノ

    風子さん、ナイス玉もありがとうございます。
    なるたけ日陰を選んで歩きましたが、舗装路はほんと暑かったです。
    大体舗装路では女性の後ろをトボトボと歩いています
    大仏様は下から見上げるように作ってあるので、ズームアップすると顔が大きくて少し怖い感じですね。
    この辺り、兵庫津の道といって史跡巡りウォーキングもできるようになっています。
    高田屋嘉平さんは択捉航路を開き北洋漁業の基を築いた事でも有名ですね。
    2011年09月17日 12:47
  • やまや

    こちら(岐阜市)にも三大大仏のひとつ(?)と言われているものがあります。検索してみたら、奈良、鎌倉、その次は現在「事実上空位」なのだそうです。取壊されてしまった兵庫の大仏様に代わる大仏が戦後各地で名乗りを上げており、『タモリ倶楽部』では12尊を候補に総選挙があったそうですよ(^^)。
    2011年09月18日 09:55
  • アルクノ

    やまやさん、情報をありがとうございます。
    12尊を候補に総選挙があったとは全く知りませんでした。
    他の大仏様の事は分かりませんがが、此方は戦争のために出征したので市民から(国は出さない)名誉勲章でも授与したいです。
    平成になって建立した市民の大仏様なので歴史が浅く現在の所不利ですが、あと300年後にでも総選挙を実施すればこの大仏様が空位を埋めるものと信じています。
    清盛様も後押ししてくれそうですよ^^)
    2011年09月18日 17:32
  • bt9

    大作ですね。
    4~5回に分けていただくと、読みやすくなります。ぜひ、コンパクトにお願いします。
    2011年09月21日 16:40
  • アルクノ

    bt9さん、コメントをありがとうございます。
    私の殆んどの記事は大体こんな感じで長文記事になっており、今までのペースだと3日に1回アップしています。
    これを4~5回に分けると、私の方が忙しくなって参ってしまいます
    写真も多用しているので、一つの記事はブログの制限一杯に収まるように努力しています。
    お時間あるときに、是非またお立ち寄り下さい。
    お待ちしています。
    2011年09月21日 17:25

この記事へのトラックバック