石井ダム(2010.05.29)

鈴蘭台駅から40分ほどで行ける石井ダムの紹介です。
石井ダムは2年前の6月に満水テストを経て完成しましたが、ダム周辺が整備され、この春より湖底へと下る遊歩道が開放されました。

前回は鵯越駅から登りましたが。今日は鈴蘭台駅側から下る単独ウォーキングです。
線路沿いに南下すると電車を点検整備する為の神戸電鉄車両工場があります。
その脇を歩いて進むと、人と自転車は通れるフェンスがあります。
ここからダム管理道路に入り、暫らく線路沿いに進むとトンネルの上へと道は緩やかに登ったあと下ります。

画像

地図がある公園の向こう、直ぐに分岐があるので、右の下る道へ入ります。
画像


湖底へと下る直線的な遊歩道ですが、右へ直角に曲る分岐があります。
画像

山へと続いているようですが、
画像

行き止まりなので、戻ります。

造成時道路脇に残した岩の向こうに菊水山が新緑に輝いています。
画像


更に下ると、川がダム湖になるところがあります。
画像


進むと、目の前に小さな池のようなダム湖が広がります。
画像


行き止まりまで行くと、ダムの下には網で覆われた穴が開いており、常にここから放流していることが分かります。
画像


そうです、
このダムは洪水調整用の為のものであり、雨が降り続かない限り常に水位は低いままで、
画像

放流した水は下流の烏原貯水池で溜め、水道用に供しています。

ダムの上から水位の低いダム湖を眺め、
画像

アンテナが2本立っている菊水山山頂に目をやります。
画像


下流の方は、丁度電車がトンネルへと入るところでした。
画像

この電車は長いトンネルを通って菊水山を突き抜け、鈴蘭台駅へと向います。

私はここから310段の階段を下り、
画像

66mの高さの石井ダムを見上げます。
画像


ここから鵯越駅までは30分弱、湊川駅まで下ると1時間チョットかかります。
烏原貯水池の亀の甲広場で昼食をとり、湊川まで下るのがお勧めのコースです。

湊川市場で新鮮な夕食のお惣菜を買って帰るのも良いでしょう。
その市場から新開地駅までは徒歩10分ほどです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック